黒人に寝取られた女 : えろ情報放送局 ラボグラフィー

  1. HOME
  2. 黒人に寝取られた女

黒人に寝取られた女

黒人のデカチンにハマった女

23歳同士の若いカップルのお話です。
彼女とは色々なプレイを行ってきて、多少のアブノーマルなプレイも行いました。
ですが、満足していなかったのか、彼女が突然言い出した言葉で全てが始まりました。
「寝取られるってどう思う?」
確かに興味はあったが自分の彼女が他の男性とセックスをする
というのは抵抗があったので
「それだけは嫌だ…」と言いました。
しかし、彼女は興味津々で「寝取られる」という事にのめり込んでしまった。
そこで彼女が掲示板で「黒人男性から寝取られよう」という内容を見つけてしまい
その掲示板に書き込んでしまった。
ですが、ここは日本なので「そんな外国人が掲示板を使うなんて…」と思って持っていた時だった…
すぐに返事が来て「会ってみたい」と来た。
絶対に業者の悪戯だと思っていましたが、彼女は信じきっており
実際に後日、待ち合わせをした。
次の日、実際に自分も黒人男性と会ってみたが、かなり流暢な日本語で
アメリカと日本をかなりの頻度で行き来しているようだ。
そんな余談をしている暇もなく黒人男性はホテルに向かい始め
チェックインをした。
そんな黒人男性からの条件は「一切口出ししない事」それだけであった。
そして一緒にホテルに入ってホテルの一室で寂しそうに座る自分。
ベッドの上には黒人男性と彼女。
この光景事態、自分は望んでいなかったので抵抗したい気持ちで頭が破裂しそうでしたが
感情を抑えて黙って見届ける事にしました。
するとお互い服を脱ぎディープなキスを始めた。
そして徐々にお互い全裸になったのだが

巨根を咥えている女性

黒人男性のデカすぎるチンコ彼女も自分のビックリしてしまいました。
見た感じでは軽く20センチは超えていたような感じで
外人には珍しいギンギンに勃起をしていました。
まるでアダルト動画を見ているような感覚になってしまった私は
思わず勃起してしまい彼女が犯されている光景に興奮してしまった。
さすがにチンコがデカすぎて先っぽしか挿入されておらず
彼女も若干痛がっていました。
しかし、この時黒人男性は手加減をしていたそうで
僕の顔を見ながら「ガンガン突いてやるぜ!」
そう言って激しく腰を振り始めました。
この時、既に彼女は泣き叫んでいましたが
自分で寝取られたいといってたいので止める事もなく
犯されている表情を見ながら自分は完全に興奮してしまいました。
そして、プレイが終わると何事もなかったようにホテルを後にした黒人男性
それからというもの彼女は完全に犯しくなり平気で浮気するようになり
乱交セックス等で快楽を感じるような変態女になってしまいました。

Copyright © えろ情報放送局 ラボグラフィー All Rights Reserved.